支払督促詐欺が流行っている

近頃、支払督促詐欺っていうのが周囲で流行っているとかで、気をつけたほうがいいと言われました。
支払督促詐欺とはなんぞや?って感じですが、つまりは本来、どこかの債権者に
支払わなければいけないお金を滞納している人相手に支払ってくださいと
裁判所を通して法的効力のある方法で言ってくるやり方っていうことを
別に特に支払わなければならないお金も全くない人相手に支払ってと言ってくるっていうことらしいです。
借金だとか料金踏み倒しだとか心当たりもないのに支払う人なんていないんじゃ?
って思うんですけど、中には怖くなってうっかり支払ってしまうっていう人もいるそうで。
そういう人を狙っているわけですな。
でも、支払督促が届いて、「あ~、これが噂の支払督促詐欺ってやつかww」って
無視してたら、本当にうっかり忘れてただけのマジの支払督促でしたってなったら
それはそれでやばいですよね(^_^;)
詐欺なら別に無視しててもいいんだけど、本当に正式の支払督促だったら、
無視してると、支払督促の内容が法的に効力を持っちゃって、差し押さえするのも
合法になっちゃうから、いきなり気づいたら給料が差し押さえられてた!?とかって
なってこまる可能性もアリってことです。
なので、支払督促が届いたら、まずはちゃんと本物かどうか見極めましょう。
裁判所から送られてきていることと、封書で届いていることを確認するくらいで
それほど難しい見分け方というわけではありません。
詐欺のほうだとメールで届いただとかハガキで届いただとかちゃんと知ってさえいれば
ひと目で詐欺だとわかる程度の低いものも多いらしいですし。
ちゃんとした支払督促の場合にもちゃんと対処すればいきなり差し押さえとかに
ならなくって済むので、落ち着いて、同封されている異議申立書を裁判所に返送しましょう。
これは必ず同封されているものなので、逆になかったりしたらそれも
偽物を疑っていいと思います。
もし、実際に滞納していることは事実だったとしても、支払いが一括では
できないという場合にもこの異議申立書を送っておくことで、その後
裁判所からの呼び出しに応じて(日時の調整の連絡もきます)
債権者との協議で分割しての返済計画をたてるということにもっていけます。
また、この手続はそれほど難しいものではないので、きちんと下調べを
自分でしておけば、弁護士や司法書士などに手続きを依頼しなくても
十分に対応できるものだと思います。
どうしても自信がない、わからないという人はもちろん、事前に相談しておくといいかと思いますが。